敏感肌の人は要注意! ブラジリアンワックスのデメリット

下着や水着のお洒落も楽しめて、肌もつるつるになる…いいことずくめに思えるブラジリアンワックスですが、デメリットもあります。

まず、永久脱毛ではないので、期間は長いにしろ定期的に行う必要があること。

カミソリでの自己処理よりは長持ちしますが、それでも毛根を処理するレーザー脱毛とは違うので、ムダ毛は生えてきてしまいます。

ブラジリアンワックスはVIO脱毛のワックスなので、肌に優しいタイプのワックスを使っていますが、それでも肌トラブルに見舞われることもあります。

一気に毛を引き抜くため、処理後に赤くなったり、内出血や埋没毛が出来てしまったりと、肌質によってはトラブルになることもあります。

敏感肌の方は特に注意した方が良さそうです。

また、感じ方に個人差はありますが、ブラジリアンワックスは痛みを伴う脱毛方法です。

ブラジリアンワックスは広い面積を一気に処理できるのが魅力ですが、その分、アンダーヘアがないところの皮膚まで引っ張ってしまうため、肌荒れもそうですが痛みを感じる人が多いでしょう。

慣れてしまえば大丈夫、という人もいますが、痛みの感じ方は人それぞれのため、一概に「痛くない」とは言えません。

普段から処理し慣れている腕や脚、脇などの「見える部分」と違い、見えないデリケートゾーンを脱毛するため、慣れるまでに時間がかかります。

特に見えにくいIラインやOラインのワックス脱毛は、鏡を駆使して処理するしかありませんが、それでも最初は失敗してしまうことも。

また、脱毛した後の肌は非常にデリケートになっているため、開いた毛穴から雑菌などが入りやすく、注意しなくてはいけません。

気になる記事⇒ブラジリアンワックスについて教えて下さい。術後には赤く腫れたりしま… – Yahoo!知恵袋